ハーモニーのポジティブを目指すブログ

アダルトチルドレン、毒親育ちを克服したブログ 一人で苦しみを乗り越えようと思うことをやめる

毒親との対決について『毒になる親 一生苦しむ子供』を読んだ感想

 f:id:harmony1:20190324123513j:plain

『毒になる親 一生苦しむ子供』感想

『毒になる親 一生苦しむ子供』スーザン・フォワード(著)、毒親に関する本です。

私は毒親育ちだと自分では思っていて、長い間、生きづらさに苦しんでいました。
母親に否定され続けて、心身共にボロボロになったこともあります。

ずっと人生を悲観していたし、親を恨んでいたときもありました。
だけどやっと今、生きづらさを克服できたと感じる状態で、この本を読んだ感想を書いてみようと思います。

簡単なあらすじ

毒になる親の色々なパターンの説明、そして毒になる親は子供の将来にどのような影響を与えるかが書かれています。

いずれもほとんどの場合、その子供は成長してから驚くほど似たような症状を示す。
どういう症状かといえば、「一人の人間として存在していることへの自信が傷つけられており、自己破壊的な傾向を示す」ということである。

そして、彼らはほとんど全員といっていいくらい、いずれも自分に価値を見いだすことが困難で、人から本当に愛される自信がなく、そして何をしても自分は不十分であるように感じているのである。

引用元:スーザン・フォワード 『毒になる親 一生苦しむ子供』

 (この影響が、毒親育ちの生きづらさの原因だと私は思っています。)

立ち直るには「怒り」という感情を抑えておかずに外に出す、そして親との対決が必要で、対決への具体的なアプローチ方法が書かれています。

毒親との対決は必要か

私は何度も母と衝突してきました。
母に私を傷つけたことを自覚してほしかったのです。

だけど私が何度うったえても母が変わることはありませんでした。
今でも母は何が悪かったのか分かっていません。

私は最終的には母と対決しないで立ち直ることができました。

どうやって立ち直ったかというと、まず母に私を傷つけたことを分かってもらおうと思うことをやめました。
子供が傷ついたとうったえて、反省したり謝罪したりする親なら、毒親ではないと思います。

子供がどんなにやめてと言っても、やめてくれないのが毒親です。

私の母は多分この先も、分からないままだと思います。
何が子供を苦しめているかを毒親が理解することはないかもしれないと私は思っています。

だけど、たとえ親が自分の気持ちを分かってくれなくても、自分を肯定することは可能です。

毒親育ちから抜け出すには、自分を傷つけた親に傷つけたことを認知させる以外にも方法があると私は思います。