ハーモニーのポジティブを目指すブログ

生きづらさから抜け出して、ゆっくり前を向く

チキン(臆病)に生きるって損してると思っていた

f:id:harmony1:20181106092715j:plain

突然ですが、私はチキン(臆病)な性格だと思っています。

どんなチキン具合かというと、お店でキャンペーンのシールがほしくて買い物したときに、店員さんがレジでキャンペーンのシールを渡し忘れていて、そこで「あの…キャンペーンのシールもらえますか?」と言えないような感じです。

後ろにたくさんお客さん並んでいたけれど、キャンペーンのシールちょうだいって言うだけなんだけどね。

そして私はこんなチキン、損してると昔は思っていました。


でも今は不思議と損だと思わなくなったのです。

というか、得する生き方、損する生き方、そんな風に生き方を表現すること自体、おかしいですよね。

いろんな生き方があって、そこに損も得もない、ということですね。


私は、一人で買い物に行けないときもあるけれど、誰かと一緒だと行けるとか、そんな不安定さを抱えています。

落ち込むことは多々あるし、胸が苦しくなることもあるけれど、自分を悲観する感情は薄れてきました。 

こんな自分はダメだと思わなくなったら、どんな弱さを抱えていたとしても、悲観せずに生きていけるような気がします。

それに人は誰だって弱さを抱えている。
 

強くなることを目指さなくてもいいと思うのです。

自分が持っている弱さが無くなることは不可能だし、自分の弱さを否定しなくなったとき、自然に強くなれるような気がします。

だから自分の弱さを否定しないこと大事だと思います。


どんな自分も否定しない、自分の弱さをそのままで、自分らしく生きていける。

私はそう思うのです。

 

 自分らしく生きるには