ハーモニーのポジティブを目指すブログ

アダルトチルドレン、毒親育ちを克服したブログ 一人で苦しみを乗り越えようと思うことをやめる

毒親と和解したいと思ったら、迷わず突き進んだ方がいい

毒親と和解したいと感じる時

サーチコンソールを見ていると、「毒親 和解」というキーワードで私の記事にたどり着いている人がいることが分かりました。

少しびっくりしました。
毒親で検索する人は、毒親への許せない思いとか、毒親育ちをどう克服したらいいかとか、根底には毒親への怒りが隠れていることが多いような気がしていたからです。

私は毒親育ちで苦しんでいる時、親と和解しようなんて考えていませんでした。
親からひどい目にあった、生きづらい、そんな感情が支配していました。

だから毒親と和解で検索している人がいることに、少し驚きました。

毒親と和解したいと今感じるのならば、それは和解に向けて迷わず突き進んだ方がいいと私は思います。

色々傷ついたこともあったけれど、自分の気持ちにある程度、折り合いがついた、自分なりに立ち直ることができたと感じているのかもしれません。
親とこのままでいいのかなと思うのなら、自分の思うままに親に歩み寄ってみたらいいと思うのです。

やっぱり分かり合えないと思ったら、また離れたらいいし、何度でもやり直したらいいと思います。

私の場合

私はもう親と分かり合うのは無理で、一緒にいると自分の精神が壊れるような気がして、親と離れることを決めたことがあります。

一時期はもう二度と親に会わないかもしれないと思っていました。
親への怒りが無くならなかったし、許せないと思っていました。

親に全く会わない期間が3年過ぎて、その期間で少しずつ生きづらさから立ち直ることができました。

立ち直ってくると、親への気持ちにも変化がでてきました。

このまま会わないままでいいのかなとか、思うのです。
親への怒りが減ってくると、すごく不思議なのですが、親から大切にしてもらった記憶がよみがえります。

怒りで支配されていた時は、されて嫌だったことばかり思い出すのに、思い出は変わらないはずなのに、不思議です。

親も必死だった、私を大切に思っていたと感じるようになりました。
またいつか会いに行こうという気持ちがでてきました。

実際親に会ってみて、やっぱり分かり合えないのは変わらなかったけれど、しょうがない、色々な親子の形があると思いました。

何でも白黒はっきりさせなくてもいい、親が悪かったと結論付けなくていいと思うのです。

親は変わらない、だけどそのなかで、自分らしく生きる方法を見つけたらいいと感じます。