ハーモニーのポジティブを目指すブログ

アダルトチルドレン、毒親育ちを克服したブログ 一人で苦しみを乗り越えようと思うことをやめる

母は私を心配していたのに、愛されていると思えなかった

f:id:harmony1:20190106214847j:plain

私は子供の頃、家族の中でずっと疎外感を感じていました。
家庭に自分の居場所がないような気がしていたのです。

母は、出来が悪い私をしょうがなく育てていると私は思っていて、母に愛されていると感じることができませんでした。

結果が出せない私は、母に否定されてばかりだったからです。

母に愛されていると思えなかった

私は小さい頃、頻繁に中耳炎になった影響で、学校のプールも入れない、飛行機も乗れないと耳鼻科で言われたことがありました。

小学生だった私はすごくショックを受けました。
母と一緒に耳鼻科に行って、母はその後仕事に行き、私は家に帰って一人で部屋で泣いていました。

すると、母が仕事を早く切り上げて帰って、私の部屋に入ってきました。
泣いている私に「大丈夫?」って言ったのです。

普段は、よく泣く私に母は「泣くな」と怒っていたのに、そのときは違いました。

母は、私を心配しているのだろうか。
どうして母は仕事を切り上げて帰ってきたのだろうか。

その時の私は、母がどうして私を心配しているのか分かりませんでした。
出来が悪い私は家族のお荷物でしかないのに、家族から愛されているとか、家族に必要とされているとか思えなかったのです。

出来が悪いのに、私を愛してほしいと望むことなんて許されないと私は感じていました。

毒母と思い、母と衝突

私は何度も母と衝突してきました。
傷つけた行為を母に自覚してもらいたかったのです。

結果を出すことに価値があると信じている母に、どうしてそこまで子供を追い詰めるのとうったえました。
母は子供を追い詰めている自覚はないのです。

あるとき激しい言い合いになって、母が最後に「ごめんね…」って言いました。
母が謝る言葉を初めて聞いたような気がしました。

それでもそのたった一言の「ごめんね」で、今までのすべてを許すことはできませんでした。

大人になってもずっと生きづらさに苦しんでいるのです。
親を責める私の気持ちが母には分かりませんでした。

どうして母には理解できなかったのか、今では分かります。

母は、子供を愛している前提で育てているのです。
追い詰めている自覚がないのは、子供を不幸にしようと思って育てているわけではないということです。

子供を愛しているのは当たり前の母と、親に愛されていると思えなかった私には大きな溝がありました。

母を恨んでいた

母を恨んでいたこともあります。
どうしてあんな育て方をしたの、と思っていました。

恨んでいるときは、されて嫌だったことばかり思い出します。
思い出すたびに傷ついていました。

傷ついた過去が現在も苦しめると感じていました。
過ぎ去った過去を、過去として流すことができませんでした。

だけど家庭の中で、辛かった思い出ばかりではないんです。
いい思い出だっていっぱいあったんです。

私の行きたいところに連れて行ってくれた。
私の誕生日パーティーをしてくれた。
私の欲しいものを買ってくれた。

母は、私に理想を押し付けて私を否定してばかりだったけれど、愛情がなかったわけではないのです。
私を大切に思って育てていたと今、思うことができます。

それは、母と和解することで感じたのではありません。
自分は自分でいいんだと思えたときに、感じることができたのです。

自分を肯定できたときに、受け取っていた愛情を信じることができると思います。

自分を肯定するには

私はどこにも居場所がないような気がしていたころ、自分を守ることに精一杯で、人に対して不誠実に生きていたような気がします。
それでも私に優しい人はいた。私を支えてくれる人がいた。

人から色々なものを受け取って生きてきたと今、感じるのです。

私は、傷つく前に自分の心を守るために人から離れていました。
傷つける人ばかりではなかったはずなのに。

だけど傷ついたときに、なかなか立ち直れないのです。
一人で立ち直らないといけないと思っていたし、人とうまく信頼関係を築くこともできませんでした。

うまくいかない原因を家庭環境のせいにしていました。
家庭の中で自分の味方はいないように感じて育って、困難に直面したときに、どうやって一人で乗り越えていけばいいのか分からなかったのです。

それでも一人は寂しくて、誰かを求めていました。
そのままの自分が生きていていいんだと感じたかったのです。

それは人との関わりのなかで感じていたと思うのです。
自分の居場所があることを人との関わりのなかで、感じていたのです。

困難に直面したときに、一人で乗り越えなくてよかったのだと思います。
自分の味方は必ずいる。

誰も味方がいないと感じるのならば、それは自分の味方に気が付いていないだけだと思うのです。
人を疑っていたり、人を恨んでいると、自分の味方に気が付きにくい状態になるかもしれません。

誰かがいるから生きていける

一人じゃないから生きていけると感じます。

人と共に生きていく意識を持つこと、そのために自分ができることを見つけようと思うことは、自分を肯定することにつながると思います。

一人で苦しみを乗り越えようと思わないことが大切です。

自分を肯定する方法

毒親育ちの悲しみを一人で抱えないこと

人間関係で、傷つくことは多々ありました。
だけど今では人間関係で傷つけ合うことは避けられないと、なんとなく思うようになりました。

よかれと思って言った言葉が人を傷つけることだってあります。

自分を守ることに精一杯の状態から抜け出したとき、傷ついてばかりに思えても、自分も誰かを傷つけて生きていることに気が付くことになりました。

自分と他者は違う人間で、人は自由に行動するからこそ、意図しないところで傷つけ合うことは避けられないと思うのです。

だから許し合うことが大切になってくると感じます。

人を恨んでいると、人にされた嫌なことばかりが目につきます。
その結果、自分に好意的な人に気が付きにくくなります。

優しい人も必ずいる。自分を好いてくれる人がいる。

人が何をしてきたかではなく、自分は人に何ができるだろうかと思えたら、自然に人を責める感情も減ってきます。

そして自分に好意的な人の存在にも気が付くことができます。
それは人を信じることにつながると私は思っています。

うまくいかないときも、落ち込むときも、一人で悲しみを抱えないこと。

誰かと共に乗り越えていく。
そのために自分は何ができるか考えていく。

何ができたかは重要ではなく、人と共に生きていく意識をもつことが大切だと思います。

人から色々な愛情を受けとって生きていて、自分を肯定できたとき、その愛情を信じることができると私は思っています。

 スポンサーリンク