ハーモニーのポジティブを目指すブログ

アダルトチルドレン、毒親育ちを克服したブログ 一人で苦しみを乗り越えようと思うことをやめる

毒親から逃げることの罪悪感を無くすには

毒親から離れる

私は毒親育ちだと自分では思っていますが、やっとそこから抜け出すことができたと感じます。
長い間、生きづらさに苦しんでいました。

立ち直った今思うことは、毒親育ちから抜け出すには、親と距離を置く、親に自分の気持ちを分かってもらおうと思うことをやめることが大切だということです。

そのためには親に人生を支配されない、自分は自分だという意識を持ち続けることが大事です。

自分は自分でいいんだと思えた時、自然に親から離れることができるし、親が分かってくれないことに対する不満も減ってきます。

親と物理的に離れることが一番だとは思いますが、もし一緒に暮らしていたとしても、精神的に親から離れることが大切だと思います。

親を大切に思う気持ちは、色々な形がある

私は親と距離が近い程、親が分かってくれないことに対する不満が減りませんでした。

私の親は、子供を支配するのをやめることはできません。
子供がどんなにやめてと言っても、親はよかれと思って子供に口を出しているので、やめることはできません。

何が子供を苦しめているのかということに、毒親が気がつくことは一生無いかもしれないと私は思っています。

立ち直った今でも思うことは、毒親は変わらない、なるべく関わりを減らすことが大切だということです。

関わりが少ないとか、目に見えて親孝行ができなくても、親を大切に思う気持ちは色々な形があると思っています。

親と離れても、親を大切に思う気持ちまで離れていくわけではないということです。
親を見捨てるということではなく、大切に思う心を変わらず持っていれば、罪悪感も減ってきます。