ハーモニーのポジティブを目指すブログ

アダルトチルドレン、毒親育ちを克服したブログ 一人で苦しみを乗り越えようと思うことをやめる

生きるのが辛い原因は孤独を感じる感情 一人で苦しみを抱えないこと

f:id:harmony1:20181119195434j:plain

生きるのが辛い原因は孤独感

孤独を感じるとき、何かにすがりたくなるときがあると思います。

一人で生きているように感じても、一人で生きているわけではない。
だからこそ孤独が辛くなると思います。

誰だって、誰かと繋がりたいと感じていると思います。

自分は一人ではないということ、大切な存在だということに自分が気がつくことが大事です。

孤独を感じると生きるのが辛いと感じるかもしれません。
それは一人で苦しみを抱えているからです。
一人で乗り越えようと思うと苦しくなり、孤独感が強まります。

一人で抱えないこと、誰かと共に乗り越えようと思うことが大切ですが、人と関わると傷つく機会も出てくると思います。

私は、人との関わりで傷つくことをいつも恐れていました。
傷ついたときに、一人で立ち直らないといけないと思っていたからです。

だから自分の心を守るために、人との関わりで傷つかないように、傷つく前に自分から距離をとっていたような気がします。

好きなことをするだけが幸せではない

人間関係や色々なことに疲れて人と距離をとり、自分のやりたいことをやっていたこともあったけれど、虚しさばかりが募って心が満たされることはありませんでした。

煩わしいと思うことから逃げ出して、自分のやりたいことをする。
だけどそれが本当に自分のやりたいことなのだろうか。

自分の心が満たされないのは、やりたいことができていないからだと思うかもしれないけれど、自分が本当にやりたいこととは何なのだろうか。

好きなことをしているのに心から楽しめないときもあると思います。

それは自分の好きなことだけをして生きることが幸せではないと思うからです。

私にはいつも孤独感がつきまとっていました。
何度傷ついても、また人と関わりたいという思いが出てくるのです。

人との関わりの中で自分の心が満たされることを感じていたからかもしれません。