ハーモニーのポジティブを目指すブログ

アダルトチルドレン、毒親育ちを克服したブログ 一人で苦しみを乗り越えようと思うことをやめる

毒親を許せない時、苦しみから抜け出す方法 -トラウマを克服するには-

毒親を許せないと思っていた

私は子供の頃、家庭の中で自分の味方はいないように感じて育ちました。
健全な家庭環境で育ったら、もっと違う人生があったのだろうかと思うことがありました。

そんなこと思っても意味がないと分かっていても、思わずにはいられませんでした。

なんとかして自分を保つことに必死だったのです。
うまくいかない原因を家庭環境のせいにしないと、自分をどう保っていけばいいのか分かりませんでした。

毒親を許すということは

毒親を許さなくてもいい、という言葉を見ました。
私は、どちらでもいいと思うのですが、自分を大切にするうえで、最終的には許した方がいいと思っています。
親に限らず、人を許さないで生きていくのは、とてもしんどくて苦しいからです。

傷つけた行為を許すことと、人を許すことは違うと私は思っています。

傷つけた行為を許す必要はないと思います。
どんな原因があったとしても、人を傷つけていい理由にはならないと思うのです。

私は母を許せない気持ちは手放したけれど、母に傷つけられた行為を思い出すと今でも悲しいです。

以前は何度も思い出しては傷ついていました。
どうしてあんな育て方をしたのと思っていました。
許すことなんてできませんでした。

許そうと思って許せるものでもありません。
忘れようと決心して忘れるものでもないと思います。

それでもいつか自然に手放すことで、許していけるかもしれないと私は思っています。

どうやって手放していくのかというと、自分が関心を向ける対象を、自分を傷つけた人ではなく、自分を支えている周りの人に少しずつ変えてみることだと感じます。

私は、親から傷つけられた過去の出来事を書いて、その出来事に対して自分は親から本当はどんな対応をしてほしかったかを書き出すワークをしたことがあります。
そして最後に許しましょうと書かれていました。

私にとってそれは、とても辛かったです。

過去を書き出したことで、さらに傷つき悲しくなったし、本当はどうしてほしかったかを書いても、過去を変えることなんてできないからです。
傷つけられた記憶を思い出して苦しむだけで、許すことなんてできませんでした。

過去を変えることも、傷つけられた行為を変えることも、親を変えることもできないのです。

だけど、過去と向き合って消化できなくても、今私を支えている周りの人に関心を向けていくことで、少しずつ傷ついた思いを手放していけたのです。
手放していけたとき、傷ついた過去を思い出すことも自然に減ってきました。