ハーモニーのポジティブを目指すブログ

アダルトチルドレン、毒親育ちを克服したブログ 一人で苦しみを乗り越えようと思うことをやめる

兄弟差別を乗り越えて -毒親育ちを克服する方法-

f:id:harmony1:20190125162934j:plain

兄弟差別された毒親育ち

子供の人生を支配して、子供に悪影響を与える親のもとで育った人のことを毒親育ちといいます。
大人になっても生きづらさに苦しむ人が多いです。

私は毒親育ちでした。
兄弟差別や母に否定され続けて、心身共にボロボロになったこともあります。

人生を悲観していたときもありました。
だけど今は、少しずつ前向きになっていることを感じます。

毒親育ちだと思っていた私が、自分らしく生きる方法の紹介です。

兄弟差別と母親の価値観

母は学歴や優秀であることに人の価値があると考える人でした。

私には優秀な兄がいて、兄は母の理想通りの子供でした。
母は兄をとても可愛がっていました。

兄に比べて私の学力は平凡(平均点よりは上というレベル)でした。
勉強ができることに価値があると考える母のもとで、出来が悪い私はダメな存在と感じていました。

兄弟で差別しないで育ててほしいとは、あまり思いませんでした。
出来が悪い私は、母に愛されないのは当然だと思っていたからです。

私のことも可愛がってほしいとか、私のことも愛してほしいとかを私が望むことは、許可されていないような気がしていました。

家庭の中で自分はダメな存在だと感じている子供が、どうやって生きていけばいいのか。

子供の頃から体調に小さな異変はありました。
苦しかったです。

出来が悪い子供は育てられないならば、どうして私を産んだのと思っていました。
家族の中で自分を否定している子供がいて、家庭の平穏なんて保つことができません。

何度も母と衝突しました。
生きる喜びを感じない私が、母にひどいことを言ったこともあります。

「私は生まれてきたくて、生まれたんじゃない」
私は泣き叫んでいました。

とにかく苦しいんです。
母親に否定されながら生きていくことが苦しくて仕方がないのです。

家庭の中で救いだったのは、兄が私を馬鹿にしなかったことです。
母が兄と比べて私を責め立てているのに、兄は私を馬鹿にしませんでした。

兄に限らず、家族で誰も私を馬鹿にはしませんでした。
結果が出せない私は母に責め立てられていたのですが、馬鹿にされていたわけではありません。

母は結果を出すことで幸せになれると思っていて、私に結果を出して幸せになってほしかったのです。

毒親と距離を置く

母が私をコントロールすることをやめることはできません。
私はもう実家に帰るのはやめようと思いました。

もともと離れて暮らしていて、電話番号は変えて、住所はそのままです。

だから時々、手紙が届きます。
その手紙を読むのが苦しいのに、読まずに捨てることができません。

私を責めるような内容のときもあります。
手紙を読むだけで、私の精神がおかしくなりそうなときがありました。

あと二回手紙が届いたら、受け取りを拒否しようと思っていました。
だけど、手紙の内容が恨み言ばかりではないのです。
私を気遣う内容もあるのです。

その手紙を読むと、またあと二回耐えたら受け取りを拒否しようと、回数が増えるのです。
その繰り返しで、今も手紙を受け取っています。

私は正月も実家には帰れません。
兄は正月は子供を連れて実家に帰っていると思います。

可愛がっていた兄の家族だけが実家に帰って、私の実家は平和なのかというと、平和ではないんです。

父は母を責めています。
母も私が実家に帰らないことを悲しんでいます。

母が私に心から思っていること

優秀ではない私は、ずっと母に愛されていると思えませんでした。
兄弟で差別されていると私は感じていました。
だけど実際、母は私に対してどう思っていたか、優秀ではない子供(私)を心から大切にしていました。

母は本当は、子供が勉強できるかどうか、優秀であるかなんてどうでもよかったのです。
地位も名誉も持っていない子供を、心から愛していたのです。

子供が、どんな子供でもよかった。そのままの子供でよかったのです。
本音はどちらの子供もかわいいと思っていました。

だけど自分の理想を押し付けて、それをやめることはできません。
母にとって理想なんてどうでもいいということには気づかずに、子供をコントロールするのをやめることはできないのです。

母親が子供をどうやって育てているか

人が幸せを感じるのは、そのままの自分に価値があると思えることだと私は思っています。
そして、母親が子供をどうやって育てているか、そのままの子供を愛して育てています。

だけど幸せの定義や価値観は人それぞれだと思います。
社会的地位を得ることで幸せになれると考える人は、子供にも社会的地位を得ることで幸せになってほしいと思って育てているかもしれません。

子供を不幸にしようと思って子供を育てているわけではないということです。
結果的に、子供が幸せを感じることができずに育ってしまったとしても、親は子供を幸せにしようと思って育てているのです。

毒親育ちの人ほど、親と子供の溝は大きいと感じます。
親が考える幸せの定義や価値観を変えることはとても難しいです。
人を変えることはできないかもしれません。

だけど、自分が自分の価値を信じることは、自分の力でできるかもしれないと思うのです。

まず第一歩として、人を変えようと思うことをやめてみるといいと思います。
親に自分の気持ちを分かってもらうことをやめてみるのもいいかもしれません。

たとえ親が自分の気持ちを分かってくれないとしても、自分を肯定することは可能だからです。

そのままの自分に価値がある

毒親に限らず、親が子供に心から思っていることは、そのままの子供に価値があるということです。
そのことに気づいて育てているか、気づかないで育てているかの違いはあると思います。

親自身が、そのままの自分の価値に気づいているかどうかで、子育てが大きく変わってくると感じます。

これは子育てに限らないかもしれません。

人は、そのままの自分に価値があって、そのことに気づいて生きているか、気づかないで生きているかの違いがあるということです。
自分の価値に気がついて生きているかどうかで、人生が大きく変わってくるような気がします。

親が理想を押し付けていたとしても、そのままの子供でいいと本来は思っているはずです。
たとえ、子供を否定する言葉を発していたとしても、それが親の本心かどうかは分からないです。

実際に親に愛されていたかどうかを、はっきりさせなくてもいいと私は思っています。

自分が自分の価値を信じることが大切だからです。

自分の価値を信じるには

私は生きづらさの克服で大切なことは、自分を肯定することだと思っています。

人を愛すること、誰かの力になりたいと思うこと。
それは自分を肯定することにつながっていると私は思います。

自分を肯定できないとき、誰かに認めてもらいたくて、愛されることや、誰かに受け入れてもらうことを必死に求めてしまうと思います。

だけど、自分が受け取ることばかり考えていると苦しくなるかもしれません。
一方的な関係ではなく、自分も他者の力になることができると感じたとき、自分を肯定することができると私は思っています。

逆に、毒親育ちで人を信じることができない、一人で生きていく決心をしている人もいるかもしれません。
だけど、一人で生きていると思っていても、一人で生きているわけではないのです。

人を軽視して、自分を肯定することはとても難しいと感じます。
生きていくうえで、人との関わりは避けられないもので、人は一人で生きているわけではないからです。
だからこそ支え合うことができるし、苦しみを一人で乗り越えなくていいと思うのです。(自分を肯定する方法)

一人で生きていこうと思わないこと、一人で苦しみを乗り越えようと思わないことが大切です。
人と共に生きていく意識をもっていれば、そこから自分の価値を見出すことができると私は感じます。

自分の価値を信じることができたとき、生きづらさを克服して自分らしく生きていけると私は思っています。