ハーモニーのポジティブを目指すブログ

アダルトチルドレン、毒親育ちを克服したブログ 一人で苦しみを乗り越えようと思うことをやめる

毒親育ちでも、幸せになる方法

f:id:harmony1:20181112102203j:plain

幸せになれる気がしなかった

私は毒親育ちだと自分では思っていて、ずっと人生を悲観していました。

広い空を眺めても、きれいな景色を見てもあまり心に響きません。
見終わった後、一瞬で現実の世界に引き戻されることを知っていたからです。

自分が抱えている生きづらさから解放されるような、心が軽くなるような気持ちには、なれなかったのです。

私は心から幸せを感じることは一生ないかもしれないと漠然と思っていました。

母に受け入れてもらえなかったという思いが強くあったのです。

運命的なものは自分の力でどうすることもできないという現実から、私は自分の人生を悲観することしかできませんでした。

母が私の気持ちを分かってくれることはないと思ったとき、ずっとこのまま満たされない心を抱えて生きていくしかないと感じました。

どうして私を否定ばかりする母のもとに生まれてきたのだろう、そのままの私を受け入れてくれる母のもとに生まれたら、幸せな人生を送ることができたのだろうかと、思わずにはいられませんでした。

叶わない夢

私の抱えている苦しみを受け止めて、私の思い通りに助けてくれる人が現れたら救われると思っていました。

また、私には叶わない願い(夢)があるのだけども、自分の願いをどんなことをしてでも叶えようと必死になることで、そして自分の願いが叶うことで幸せになれると思っていました。

それは自分をさらに生きづらくするものでしかなかったのです。