ハーモニーのポジティブを目指すブログ

アダルトチルドレン、毒親育ちを克服したブログ 一人で苦しみを乗り越えようと思うことをやめる

生きづらい原因は自己否定感 -acを自分で治す方法-

f:id:harmony1:20190304185208j:plain

生きづらい原因は自己否定感

私は長い間、生きづらさ(ac)を抱えて生きてきました。
人間関係でもうまくいかないことが多くて、些細なことで落ち込んでいました。

自分の心が弱いから、生きづらいと感じていました。
だけどやっと生きづらさから抜け出したとき、自分の心の弱さよりも、弱い自分を否定していた感情が生きづらさの原因だったと私は思いました。

人間関係でうまくいかないときもあるし、落ち込むことは多々あるし、不安定な部分は未だにあるのだけど、そんな自分はダメだと自分を否定する感情が薄れたとき、生きづらさから抜け出したと感じるのです。

私の不安定な部分

閉所とか高所とか苦手で、電車もバスも好きではないです。
病院の狭い待合室で混雑したなかで待っていると逃げ出したいと思うし、飛行機に乗ったときに陸地が見えたら、パラシュートで飛び降りたいと感じたりします。

家のトイレに入る時はドアを少し開けていると安心するし、まぁ大抵は閉めますけどね。
閉所が苦手なのに、MRIとかCTの検査は平気です。

電話とか宅配とか、極力出たくないと思っています。
家にいるときにフラッシュバックがおきると、独り言で声を荒げることもあります。少し恐いですね。

日常生活に支障は出ていないので、病的なものとは感じません。(軽い強迫観念はあるかもしれませんが。)

不便に感じることもあるけれど、不便は生きづらさではないと感じるのです。

以前はどうして自分はこんな風にしか生きられないのだろうと思っていました。
もっと堂々と生きたいと思っていました。