ハーモニーのポジティブを目指すブログ

アダルトチルドレン、毒親育ちを克服したブログ 一人で苦しみを乗り越えようと思うことをやめる

毒親との付き合い方 -憂鬱な帰省、自分らしくいられる距離とは-

毒親との付き合い方

私は毒親育ちで、親と全く会わない期間がありました。
もう二度と親に会わないかもしれないと思っていたときもあります。

親とどんなに折り合いが悪くても、いつか分かり合えるような気がしていました。
雪解けというか、和解というか、そんな瞬間がどこかで訪れると思っていました。

だけどそんな瞬間は訪れないと確信した時、親から離れようと決めました。

ずっと親に私の気持ちを分かってもらいたいと思っていたのだけど、もう親は変わらない、親に何かを期待することをやめようと思いました。

子供がどんなにやめてと言っても、やめられない親もいる。
子供の話を聞き入れることができない親もいるということに、やっと気がついたのです。

親と離れることで、生きづらさを克服できるかは分かりません。

だけど親と離れると、親に期待する感情も薄れたような気がします。
親に期待する感情が薄れることが大事だと感じます。

毒親育ちの場合、子供がやめてと言っても、やめることができない親もいるということを受け入れることは大事なのかもしれません。

親と離れた後

親と離れても、困難に直面した際に、こんなとき親が助けてくれたらとか、相談に乗ってくれたらとか、そんな感情が消えませんでした。
どうして私には助けてくれる親がいないのだろうと思うのです。

親と良好な関係を築いている人を羨ましいと思っていました。
今でもそう思うことはあるけれど、もう仕方がないと思うことはできるようになりました。

親と離れて不便に感じることもあったけれど、生きづらさを克服していくうちに、少しずつ穏やかな毎日になりました。

そんなとき、親の電撃訪問があって、あっさり絶縁の期間は終了しました。

和解なのか、分からないけれど、再び親と交流が始まりました。

もう親を頼りにしないで生きていく決心をして、やっと立ち直ってきたときに、また私をコントロールしようとします。