ハーモニーのポジティブを目指すブログ

アダルトチルドレン、毒親育ちを克服したブログ 一人で苦しみを乗り越えようと思うことをやめる

毒親に復讐したいと思ったら、自分の味方を見つける

毒親に復讐したいと感じたら

毒親育ちで苦しんでいる場合、毒親に復讐したいと感じることがあるかもしれません。
復讐といえば恐い響きですが、やり場のない怒りの感情だと思います。

毒親育ちであることが、どこまでも自分を苦しめる、抜け出すことのできない悲しみがあると思います。

私も毒親育ちだと自分では思っていて、今は立ち直ったと感じますが、かつては親を恨んでいました。
子供が抱える怒りや悲しみを、毒親が理解することはありません。

子供らしく生きる自由を奪われてきて、自分で選択する機会も奪われて、否定されて支配されて育てられた子供が大人になって、その後どんな苦しみを抱えて生きていくか、私は分かります。

毒親に復讐したいと思う気持ちが理解できます。

だけど実際に自分の思うように親に復讐してみて、どんな結果になるのかも、なんとなく想像できるのではないでしょうか。

自分が苦しいのは親のせいだと思う感情が、親への強い怒りになっていると思います。
その怒りを親にぶつけないと気が済まないと思いますが、親に復讐することで、前を向いていけるかは分からないと思うのです。

逆に、親に復讐しなくても、前を向いていける方法があるかもしれません。

復讐して本当に気が晴れるか

復讐したいと思う原因があると思うのです。
それは、自分自身の人間関係がうまくいっていないことも考えられるかもしれません。

逆に自分自身の人間関係がうまくいっていた場合、親からひどい目にあっても、自分の味方がいる、自分の理解者がいると思えると前を向いていけるような気がします。

自分の味方がいる、自分の理解者がいることが大事だと私は思います。

毒親育ちの場合、味方がいないとか、周りは敵ばかりとか、そんな状況が多いかもしれません。

自分が敵だと思っている人は、本当に自分の敵なのだろうか。
敵じゃない人のことまで敵だと思っていないだろうか。
そんな世界で生きるのはとても苦しいと感じます。

それが復讐したいという思いに繋がるのではないだろうかと思うのです。

親を許さないと思うと、許せない事実ばかりを集めます。

だけど親から傷つけられた思い出ばかりではないはずです。
いい思い出だってあると思うのです。