ハーモニーのポジティブを目指すブログ

アダルトチルドレン、毒親育ちを克服したブログ 一人で苦しみを乗り越えようと思うことをやめる

『母さんがどんなに僕を嫌いでも』感想 -親を恨む気持ちが本心なのか-

ずっと気になっていた本『母さんがどんなに僕を嫌いでも』を読みました。
ノンフィクションの本です。

あらすじの一部分

主人公のタイジは幼いころから虐待を受けて育ちました。
17歳で家を飛び出して、のちに親友となる仲間との出会いが、タイジの人生を変えていきます。

虐待を受けて育ったタイジは、本当の自分を出したら恨みがましくなるし、自分を隠そうとしたら作り物みたいになることで悩んでいました。

タイジは仲間のキミツに「作り物」と「うらみ節」の板ばさみから、どうやったら脱出できるかを相談しました。

するとキミツは、

「本当の自分をさらけ出そうとするとうらみ節になっちゃうって、なんだかヘンだよね。
親をうらんだりしているうたちゃん(タイジ)が、本当のうたちゃんなの?
なんか、ちがう気がする。もっとその奥に、本当の本当のうたちゃんがいるような気がしてならないんだけど」

引用元:歌川 たいじ『母さんがどんなに僕を嫌いでも』

と言います。
それはタイジに大きな気づきを与えることになります。

虐待を受けて育ったタイジがどうやって立ち直っていくかが書かれています。

親を恨む気持ちが自分の本心かどうかは分からない

親を恨むとか、許せないとか、自分が願ってそんな状況になっている人なんているのかなと思います。
色々傷ついていくうちに、自分の本当の気持ちを見失っているかもしれないと思うのです。

この本の感想で、こんなひどい虐待にあったのにどうして親を許しているのかが不思議と書いているのを見たけれど、親を許しているのは、タイジが前を向いて歩き始めたからかもしれないと私は思います。

タイジには、大切に思ってくれるばあちゃんや、自分を受け入れてくれる仲間の存在がありました。

自分自身が前を向き始めると、許せない気持ちが自然に薄れていくような気がします。

自分の感情が、そこまで親で支配されなくなるからです。

どうやって許していくのかというと、自分を傷つけた相手(親)に関心を向けるよりも、自分を支えている周りの人に関心を向けていくことかもしれないと私は思っています。

主人公のタイジは人懐っこいなと私は思いました。
実際に作者さん自身も人が好きと言っていました。

人を恨む気持ちが、自分の本心かどうかは分からない。
人が好きだと思う本来の自分に気がついたことが、タイジを支える仲間との出会いを引き寄せたと感じます。