ハーモニーのポジティブを目指すブログ

アダルトチルドレン、毒親育ちを克服したブログ 一人で苦しみを乗り越えようと思うことをやめる

家族のトラブルや悩みを、家族だけで抱え込まない方がいい

スポンサーリンク

家族の問題

私は毒親育ちだと自分では思っていて、長い間生きづらさと家族の問題に悩んできました。

私に家族の負の部分が集中していました。
両親の夫婦喧嘩は頻繁にあったし、私は幼少期から体の不調がありました。

私は母に否定されることも多く、家庭に自分の居場所がないような気がしていました。

生きづらさは大人になっても変わらず、そして家族の問題も変わらないままで、私は絶縁するしかないと思っていた時もあります。

親といたら自分の精神が壊れると感じて、離れていた時期もあります。

親に数年会わない間に、少しずつ家庭環境による生きづらさを克服していきました。
生きづらさを克服できたら、家族の問題に対する自分の考え方も変わってきました。

家族だけで抱え込まない

長い生きづらさから抜け出した今思うことは、家族が抱える問題や悩みを、家族だけで抱え込まないようにすることが大切だということです。
周りの協力だったり、家族以外に助けを求めることも大事です。

私は母と折り合いが悪く、母との関係に悩み、それを母と解決しようとして何度も衝突してきました。

母に私の気持ちを分かってほしいと思い、トラブルの原因である母にばかりぶつけていました。

母と衝突しても、どんなに母にうったえても解決しなくて、むしろ関係は悪くなるばかりでした。

結局私は母から離れて、自分自身の人間関係がきっかけで、生きづらさから立ち直ることができました。

生きづらさから立ち直ったとき、母親との関係に対して、色々な親子の形があると私は受け入れることができるようになりました。

専門的な支援も大切だと思いますが、私は自分の傷もトラブルも何も知らない人に助けられてきました。

話を聞いてくれる人がいるのなら話を聞いてもらうことが一番ですが、話を聞いてもらえなくても、自分のトラブルの直接の解決にはならなくても、私の傷を何も知らない人が、私を元気づけていたこともあります。

家庭でのトラブルを、家族だけで解決しようとしなくてもいいと思うのです。
そのために、自分の周りの人に関心を向けていくことも大切です。

一人で抱え込まないで、家族だけで抱え込まないで、周りの人の存在を意識することも大事だと思います。

家族の問題の対処法

母が無神経に私を傷つけることをやめてくれたら、トラブルが解決すると思っていました。

私の母は、子供がどんなにやめてと言ってもやめることはできません。

母が私を傷つけてくることは変わらないけれど、それに対する対処法を自分で導き出したとき、トラブルの解決に近づいたと感じます。

家族を変えることなんてできないと思って、自分がどう行動するかを考えた方がいいです。

対処法は、相手を変えようとするのをやめること、相手のペースにのまれないこと、自分は自分だという意識を忘れないことです。

自分は自分だ、自分は大切な存在だと思えるために、人を大切にすることも大事です。
周りの人は自分を助けてくれると信じることができるからです。

人を恨んでいると、周りの人は助けてくれるはずがないと感じます。

自分が人を信じることが大事で、人を恨まないことも大事です。
その積み重ねが自分を肯定することにもつながると私は思っています。

自分を肯定できたとき、相手が変わらなくても、自分で乗り越えることができるかもしれません。

問題の解決がすべてではない

たとえ家族の問題が解決につながらなくても、問題の解決がすべてではないと私は思います。

母は変わらず私を傷つけてくるけれど、私はもう以前のように自分の人生を悲観していないからです。

色々な家族の形があると自分が受け入れることができたとき、家族関係の悩みが少しずつ薄れてきました。

家族の問題がそのままでも、自分らしくいられる可能性はある、そのために、一人で抱え込まないようにすることが大切だと思います。

周りの支援で解決に向かうこともあるだろうし、たとえ解決できなくても、自分の気持ちに折り合いをつけることが大事だと私は思っています。