ハーモニーのポジティブを目指すブログ

アダルトチルドレン、毒親育ちを克服したブログ 一人で苦しみを乗り越えようと思うことをやめる

毒親と絶縁も覚悟していたその後 -自宅に電撃訪問された-

スポンサーリンク

毒親と絶縁も覚悟していた

私は正月も実家には帰りませんでした。
正月どころか365日、帰る実家はありません。

母と分かり合うのはもう無理だと感じて、親と距離を置くことを決めました。
もともと離れて暮らしていて、電話番号は変えて、住所はそのままです。

親のことが少し気にかかっていたけれど、会えば衝突してばかりなので、距離を置いていました。

距離を置くことで、私の精神はかなり落ち着いていました。
生きていて、しんどいと感じることもあるけれど、穏やかな毎日でした。

一時期は、もう二度と親に会わないかもしれないと思っていました。
二度と会いたくないと思っていたような気がします。

絶縁も覚悟していました。

親から離れて、親と分かり合いたいと望むことをやめて、自分自身が築く人間関係の中で、少しずつ毒親育ちから立ち直っていきました。
全く親に会わない期間が3年経ち、自分の気持ちに少し変化が出てきました。

精神的に自立できた時、またいつか会いに行こうという思いが出てきたのです。
親と絶縁するかの結論を出すよりも、自分自身が自立することが先だと感じます。

もう少し精神的に強くなったら、母に何を言われても動じない心になったら、両親に会いに行こうと思いました。

だけど今ではないと思っていました。

毒親の突然の訪問

ある夜、突然インターホンがなって、玄関を覗くと父と母が立っていました。

寒い夜に外に立っている両親を見ると、そのまま追い返すことができませんでした。
私は玄関を開けて、3年ぶりの再会となりました。

母は相変わらずでした。
だけど少し年をとったような感じがしました。

お互い遠慮気味に話をして、次の日に会う約束をしました。

両親が帰った後、モヤモヤしました。
いつか会いに行こうと思っていたけれど、今はまだ会いたくなかった。

これでよかったんだと思い込もうとしたけれど、すっきりはしませんでした。
しょうがない、しょうがない、と言い聞かせていました。

その日はモヤモヤしていたけれど、次の日会って父の笑顔を見たとき、これでよかったのかもしれないと思いました。

父は今思い返してみたら、優しくて公平な人でした。
母にとって父は、よい夫のようには見えなかったし、夫婦喧嘩は日常茶飯事でした。

けれど、娘の私にとっては優しい父でした。

父はずっと公平に子供を育てていたのだけど、私が子供の頃は父にも私は可愛がられていないと感じていました。
休みの日には遊びに連れて行ってくれていたのに、宿題を手伝ってくれたこともあったのに、大切にされていると思えませんでした。

私は家族のお荷物でしかないという思いが、色々な歪みを引き起こしていました。

自分が自分を大切にできていなかった、それでも私を大切にしてくれた人がいたと、今は気がつくことができます。